GettingSignals

Startups2011キックオフカンファレンス – 第三部 –

2011年4月22日
Posted by hina

2011.4.22に行われましたサイバーエージェント・ベンチャーズさんによる
Startupsキックオフイベントのメモです
http://www.ustream.tv/channel/startups2011?lang=ja_JP

第三部
スマートフォンビジネスの
これからの開発技術について

登壇者
Adobe AIR
・・・膨大なFlashの資産がそのまま使える
・・・ツールが流用可能
・・・PC WEBやPCアプリにもそのまま展開できる

Titanium Mobile
・・・JavascriptのみでiPhone/Androidアプリを構築
     近々Blackberryにも
・・・UIはそれぞれのNativeを使用
Reloadボタンとか

Colona
・・・言語:Lua
・・・2D
・・・OpenUI
・・・OS固有の機能はない
・・・OPEN AL音声合成
・・・性能:40~60fps
・・・コンセプト:Write Once,
    Code Less, Play More
時間も短く

Unity
・・・ゲーム開発環境
・・・機能豊富
・・・開発用エディタが使い易い
・・・開発者45万人が利用
→参照できる情報が多い
→アドオンも多い

ここからはいろんなアプリを例にどうやってツールを利用するか
ソーシャルゲーム「Farm Ville」を例に

Adobe AIR
ソーシャルゲームが得意
考慮しないといけないのは、スマートフォン
アメーバピグにアイフォン版がない。
→外から動的なコードを読み取ることがNG
日本ではケータイソーシャルは、Flash Liteが多い。

コロナ
Flash Liteをうまくスマートフォンに入れよう。
→と集まったのが、コロナ。
AIRと同じ制限がかかる。
Flash Liteからコロナに移行するのに、コストはかからない。

Unity
3D、2Dもそんなに難易度変わらない。
ソーシャルの拡張をするのも、Greeと提携しているのでGreeのAPIで簡単にできる

Titanium
ゲームエンジンを採用していない。
こういうゲームを作るのは苦手。
モジュール(Object-C)と、
ソーシャルな部分をTitaniumでの使い分け。

Angry Birdsを例に
売り切り型のカジュアルゲーム

コロナ
基幹システム2日、あとはソースコードで書く
アメリカの中学二年生が作ったアプリ。バブルボール。
ピタゴラスイッチみたいなアプリ。700万ダウンロード。

Unity
システム作るのは大変じゃない。

Titanium
画面が動くのは苦手

ツールは何でもいい。スピード重視。

カジュアルゲーム=FLashが定番

「Chaos Rings」を例に
SQUARE ENIX
3Dゲーム

Unity
3ヶ月程度で作れる
コードをガリガリ書いていく訳ではない
見た目、キャラクタの動きとかから作る
スクリプトから作る

Titanium
3Dはできない。。
プラグイン作っている人がいれば、できるかも。

Adobe
3Dライブラリ:モールフィル

コロナ
2D専門。

Twitterクライアントを例に

Titanium
ネットにあるデータをどうやってユーザに見せるかが得意。
ツール系。
言語は、JavaScript。

Adobe

コロナ
あまりお勧めできない。

Unity
お勧めできない。

セカイカメラを例に
ARアプリの代表格

Adboe
AIRではできない。
来年くらいには。

コロナ
コロナを使ってARを期待しないで。

Unity
ARはQualcomと共同で
結構できるかも。

Titanium
iPhoneはオーバーレイがあるので、簡単にできる
マーカーを使ったARは比較的簡単にできる

質疑応答
「Titaniumとネイティブで同じアプリで開発作ったがサイズが異なった。
どれくらいサイズが変わってくるのか。」

Adobe
ランタイムがサイズ大きい

コロナ
解像度対応用にサイズ大きくなる
イメージをバシバシ入れるとそれだけ増える

Unity
HelloWorldで18MB

Titanium
ランタイム、ライブラリをリンクしてパッケージ。
2,3MB。圧縮しないと6,7MB

スピードとのトレードオフ

Comments are currently closed.

3 thoughts on “Startups2011キックオフカンファレンス – 第三部 –

  • レポートありがとうございます。そしておつかれさまでした!今後に多いに役立ちそうな内容ですね。かたっぱしから試してみたい気分です。

  • そうですね。
    クロスプラットフォームで開発するときにどのツール使うか?
    ってことがテーマでしたね。

    今までのWeb上のFlashでできたものは、Adobe AIR、コロナ。
    →Adobeは今までの資産があるので、Flash経験者はこっち。
    →コロナはAdobeに先駆けてスマホに参入していたので、
    アドバンテージがある。Flash経験者でなければ、こちらがお勧め。

    Unityは3Dアプリが得意。
    Titaniumはツール系が得意。

    てな感じでした。

Follow

カレンダー

2017年9月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930