GettingSignals

Qualcom「QCAR」のサンプル実行

2011年5月11日
Posted by hina
前回のエントリの続きです。

Getting Signals: Android NDK環境構築

QualcomのQCARというAR SDKを使用するために、
Android NDK環境を構築。

実際にサンプルをビルドし、試してみたので、
そのときのキャプチャをご紹介。
ビルド方法、実行方法は、前回のエントリ(の中のリンク)を参考にしてください。
Dominoes
画面をなぞるとドミノが出現!
指でドミノを押すと、ドミノが倒れます。

 ⇒

FrameMarkers
4つのマーカーを認識し、
それぞれ異なるオブジェクトを表示。

ImageTargets
ティーポットが表示されます。
ティーポットはランダムで色が変わります。

MultiTargets
サイコロのような多面を認識します。
組み立てて試したら、おもしろいと思います。

VirtualButtons
4つのボタン(Red / Blue / Yellow / Green)を触ると、
ティーポットの色が変わります。

ビルド時に以下のエラーが出ることがあります。
[2011-05-11 11:48:56 – VirtualButtons] エラー: Unable to open class file C:cygwinhomehogehogeqcar-sdk-1-0-0samplesVirtualButtonsgencomqualcommQCARSamplesVirtualButtonsR.java: No such file or directory

対処法として、

1.リフレッシュ(F5)する
2.リビルドする
3.R.javaを削除後、ビルドする

を上から順番にしていけば、エラー回避できました。

次は、

用意した画像を認識させること
用意したオブジェクトを画面に表示させること

をやってみます。

Comments are currently closed.

Follow

カレンダー

2017年9月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930