GettingSignals

[Android]マーカーレスARライブラリ比較

2012年8月6日
Posted by hina

マーカーレスARを実現するために必要なライブラリをまとめてみました。

・SATCH SDK

 http://satch.jp/jp/
 ・・・KDDIが運営しているARライブラリ。
   開発ガイド、APIリファレンス、サンプルなど資料が豊富。
   アプリ作成には開発者登録、アプリ登録が必要。
   資料はすべて日本語。

・metaio Mobile SDK

 http://www.metaio.com/software/mobile-sdk/
 ・・・英語。
   JARを追加するだけで利用可能。
   トラック画像(認識するための画像)もプロジェクト内に登録するだけで可能。
   無料版ではカメラビューに透かし画像が表示される。

・Vuforia

 http://www.qualcomm.com/solutions/augmented-reality
 ・・・Qualcommの提供するARライブラリ。英語
   ビルドにはAndroid NDKが必要。
   トラックデータはウェブサイトにて登録・取得。
   単純なトラック画像では認識率が悪い(登録時に確認可能)

・OpenCV

 http://opencv.jp/
 ・・・オープンソースライブラリ。
   画像認識・変換などが行える。
   認識率はmetaio や Vuforiaより劣る。
   Android NDKが必要。

SATCHは日本語が充実していて、開発ツールも用意されているので、初めての人でもとっつきやすそう。
(あまりさわったことないので、詳細不明。)

metaio Mobile SDKは、
JARファイルを追加するだけの簡単設計。
Android NDKが不要な点が利点。
無料版はスプラッシュ画像、カメラビューに透かしが表示される。
トラックデータや、3Dモデルもxmlに追加するだけ。
フォーラムありますが、情報が英語しかないので、ちょっとつらい。
日本語の情報も少なめ。

Vuforiaは、
Android NDKが必要な点がハードル高め。
トラック画像を選ぶのが難点。(画像によっては認識率悪い。サイト側で登録できない。。)
トラックデータはサイトから取得しないと行けない。

OpenCVは、
画像認識部分を利用。
簡単にトラック画像を登録できますが、認識速度、認識率が悪い。
Android NDKが必要な点がハードル高め。
3Dオブジェクトの表示部分は自分で実装必要??

Comments are currently closed.

One thought on “[Android]マーカーレスARライブラリ比較

Follow

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930